資産運用のための投資信託用語解説>インデックスファンド

資産運用のための投資信託用語解説の管理事項
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用*
  3. ご利用案内
姉妹サイト紹介
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引)編
分散投資webインデックスファンド編

初心者の資産運用入門|お金増やす計画net
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす
  1. 真のFXパーフェクトマニュアルとは
  2. 0から始めるFX体験記
  3. FXの始め方
初心者のためのFX外貨用語解説
インデックスファンドで資産運用
年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
資産運用ブログ-外貨FX投資編
【ア行】 インデックスファンド

 平均株価指数(日経平均株価、TOPXS、ダウ平均、などのインデックス)と、そのファンドの基準価額が連動した値動きをすることを目指すファンドです。

 手数料が安くノーロードもあります。信託報酬も低水準です。

 アクティブアファンドと比較されることが多く
 成績は、インデックスファンドが勝ることが多いです。

 アクティブファンドとは、ファンドマネジャーが投資する株式銘柄や債券を考えて分散投資します。
 ファンドマネージャーはいわゆる投資のプロです。

 ファンドマネジャーはインデックスを超える成績が求められるのですが、ほとんどがインデクッスと同じ程度にしか運用できません。
 短期間だけなら、時々、インデックスを越えますが、長期間にわたってそれを維持できるファンドマネージャーは存在しません。

 結局は、インデックスファンドもアクティブファンドも同じ運用成績になります。ただし、アクティブファンドは手数料(信託報酬)がインデックスファンドよりも高いのです。そのため、投資家にとっては、インデクスファンドの方が高いリターンを得ることができます。
 これは、過去のデータから見ると明らかなのです。投資業界では一般常識としていわれています。
資産運用のための投資信託用語解説 相互リンク集
生活情報 ←【内容】健康・法律・恋愛・心理学
資産運用 ←【内容】投資・銀行・保険
カード ←【内容】カード・消費者金融
金儲け ←【内容】情報起業・お小遣い・アフィリエイト
自己啓発 ←【内容】資格・学習・スキルUP・能力開発・転職
その他 ←【内容】上記以外

(C) 資産運用のための投資信託用語解説