資産運用のための投資信託用語解説>基準価額

資産運用のための投資信託用語解説の管理事項
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用*
  3. ご利用案内
姉妹サイト紹介
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引)編
分散投資webインデックスファンド編

初心者の資産運用入門|お金増やす計画net
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす
  1. 真のFXパーフェクトマニュアルとは
  2. 0から始めるFX体験記
  3. FXの始め方
初心者のためのFX外貨用語解説
インデックスファンドで資産運用
年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
資産運用ブログ-外貨FX投資編
【か行】 基準価額(きじゅんかがく)

 投資信託の、1口当たりの価額。
 基準価額=純資産総額÷口数で求められます。

 基準価額は、株式でいう株価に相当します。

 基準価額は、配当が多いと下がります。
 配当がたくさん分配されるファンド(投資信託)は、基準価額が伸びません。
 ですから、投資家によっては、配当はいらないという人もいます。
 ファンドは、長期間保有することで、資産を増やす投資商品です。株式市場は、年率10%程度で成長し続けています。
 つまり、10%複利で長期運用するのがファンドです。

 配当があるせいで基準価額が下がれば、複利効果も減ってしまいます。
 長期運用のうまみが薄れるのです。
資産運用のための投資信託用語解説 相互リンク集
生活情報 ←【内容】健康・法律・恋愛・心理学
資産運用 ←【内容】投資・銀行・保険
カード ←【内容】カード・消費者金融
金儲け ←【内容】情報起業・お小遣い・アフィリエイト
自己啓発 ←【内容】資格・学習・スキルUP・能力開発・転職
その他 ←【内容】上記以外

(C) 資産運用のための投資信託用語解説